Event is FINISHED

「人間と物質」展の真実──峯村敏明×中村政人×福住廉

Description

「『人間と物質』展の真実」 美術評論家・峯村敏明トークイベント開催


 1970年に東京都美術館で開催された「第10回日本国際美術展」、通称「東京ビエンナーレ」、あるいは「人間と物質」展は、戦後日本美術史に欠かすことができない重要な展覧会として知られています。それは、リチャード・セラ、カール・アンドレ、ハンス・ハーケ、クリスト、ダニエル・ビュラン、高松次郎、成田克彦、小清水漸、田中信太郎、野村仁、松澤宥ら、後にミニマリズムやコンセプチュアル・アート、もの派といったカテゴリーで括られることになる、当時新進気鋭のアーティストたちが数多く参加していたからです。

 この「人間と物質」展のコミッショナーは美術評論家の中原佑介でしたが、主催の毎日新聞社の事務局として中心的な働きをしたのが、現在美術評論家の峯村敏明です。伝説的な「人間と物質」展はどのように開催されたのか、当時の現場はどんな状況だったのか、そして批評はどのように機能していたのか––。

「人間と物質」展の知られざる一面について、また美術批評の現在と過去、そして未来について、峯村氏にお話を伺います。聞き手は、今年開催が予定されている「東京ビエンナーレ2020」の総合ディレクターでアーティストの中村政人と、「アートライティングスクール」のプロジェクト・ディレクターで美術評論家の福住廉が務めます。

(福住 廉)


 本イベントは、東京ビエンナーレ2020の企画として2020年1月よりスタートした批評/編集/広報に通底する文字系の職人を育成するプロジェクト「アートライティングスクール」の一般公開授業として開催するものです。受講生以外でもご参加いただけます。皆様のお越しをお待ちしております。


■ 開催概要

イベントタイトル 「人間と物質」展の真実──峯村敏明×中村政人×福住廉
日時        2020年2月29日(土)15:00〜17:00
会場        アーツ千代田 3331 地下一階 B111
定員        60名
参加費       1,000円
登壇者       峯村敏明(美術評論家)
          中村政人(東京ビエンナーレ総合ディレクター、アーティスト)
          福住 廉(美術評論家)


■登壇者プロフィール


峯村敏明

1936年生まれ。東京大学仏文科卒業後、毎日新聞に入社し、同社主催の第10回東京ビエンナーレ<人間と物質>展に関わる。1971年よりフリーランスの美術評論家として活動。1979年から2006年まで多摩美術大学で教鞭を取る。現在、同大学名誉教授。2012年から17年まで国際美術評論家連盟日本支部会長。著者に『彫刻の呼び声』(水声社、2005)など。近く、著作集全5巻刊行予定(美学出版社)。



中村政人 (東京ビエンナーレ2020 総合ディレクター、アーティスト)

1963年、秋田県大館市生まれ。アーティスト。東京藝術大学絵画科教授。アートを介してコミュニティと産業を繋げ、文化や社会を更新する都市創造のしくみをつくる社会派アーティスト。第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表。平成22年度芸術選奨受賞。1997年よりアート活動集団「コマンドN」を主宰。全国で地域再生型アートプロジェクトを展開し、2010年、民設民営の文化施設「アーツ千代田 3331」を創設。



福住廉 (美術評論家)

1975年生まれ。著書に『今日の限界芸術』(BankART 1929)、共著に『佐々木耕成展図録』(アーツ千代田 3331)。「共同通信」で毎月展評を連載中。

Sat Feb 29, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加料 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
千代田区外神田6丁目11−14 Japan
Organizer
東京ビエンナーレ2020/2021
545 Followers

[PR] Recommended information